HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとのハネムーン

ハネムーン vol.19「最後の夜」

P1050505.jpg



ゴールドコーストで宿泊したホテルは、決して豪華なホテルということはなかった。

中の中くらいのレベルだったと思うが、プールは設営されていたので、

パック寿司を食べた後の午後はプールで過ごした。

浅いプールで少しだけ遊び、プールサイドのベンチシートで日光浴をした。

降り注ぐ木漏れ日を見ながら、オーストラリアの空も見納めだと思い寂しくなった。


DSC01282.jpg

DSC01280.jpg




日が傾き始めたので、再びビーチまで行き、砂の上を歩いた。

広大なビーチでは、様々な年齢の人々がおもいおもいの時間を過ごしていた。

世界中には色々な人がいて、それぞれが色々な人生を送っているのだなと、ものすごく当たり前のことを思いながら、

日が沈みかけてビーチ全体が陰ってくるまで、僕たちもそこで過ごした。


P1050539.jpg

P1050560.jpg

P1050580.jpg




さていよいよハネムーンも“最後の晩餐”を迎える時間が近づいてきた。

最後の夜は何を食べようかと思いめぐらし、そういえば食べていなかったことを思い出し、

オージービーフのステーキを食べに行くことにした。

ガイドに紹介されていたお店にドキドキしながら入ると、当然のように日本人の店員がいて、すべて日本語で注文出来た。

どうやらその店の経営者も日本人らしく、つくづく、日本人が来やすい場所だなあと思った。

ボリューミーなステーキは、日本人向けに味付けされているのか知らないが、とても柔らかく美味しかった。


P1050585.jpg




最後の晩餐を満足して終えて、腹ごなしに夜の街をぶらつき、アイスクリームを食べた。

前夜と同じくお酒を買おうと思い酒屋に寄ったのだが、

入り口でいかつい店員に止められてパスポートの提示を求められた。

前夜はそんなことは何も求められずすんなりワインを買えたので、とても戸惑った。

あいにくパスポートはホテルに置いてきてしまっていたので、諦めてそのまま帰った。

翌朝は午前3時に起きて空港に向かわなければならなかったので、残念だったが早く眠ることにした。


P1050590.jpg

P1050594.jpg



そうして、ハネムーンの最後の夜を終えた。


P1050598.jpg

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1825-ed55f4cd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。