HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりNumber

永久欠番

松田直樹の背番号「3」が、横浜Fマリノスで永久欠番になるとのこと。


昨年、プロ入りから16年所属したマリノスから突然の戦力外通告を受けた。

「マリノスで現役を終えたい」と言い続けてきた“ミスターマリノス”に対して、「非情」とも思えることだったが、

プロサッカー選手である以上それは避けられないことだったと思う。

退団時、スタジアムに詰めかけた多くのサポーターの前で、

「俺、マジでサッカー好きなんすよ。マジでもっとサッカーやりたいす」と言葉を放った。

Jリーグの各チーム、海外チームからのオファーを断り、JFLの松本山雅FCにまさかの入団。

驚いたが、我が強く、意地っ張りな松田直樹らしい選択だと思った。

そして、これからもしぶとく現役を続け、存在感を放っていくのだろうなと思った。


僕は、決して松田直樹というサッカー選手のファンというわけではなかった。

むしろ、時に傍若無人で協調性のないスタイルに対して、嫌悪を感じたこともあった。

ただその一方で、このサッカー選手は、歴代の日本代表の中で確実に3本の指に入るディフェンダーだとも思い続けてきた。

ジーコジャパン以降、なぜ松田直樹を代表に招集しないのか不思議でならなかった。


彼の訃報に受けたショックを鑑みて初めて、

自分がこのサッカー選手のファンだったということに気付いた。


告別式での彼の母親の気丈な様を見て、また涙があふれた。


蝉時雨が降りそそぐ。

日本の夏は、どこか物悲しい。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1793-f5d36f6b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。