HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとり漫画夜話

つよさ

月度明けの午後、「3月のライオン」の最新巻を読んで、涙が滲む。

この漫画の魅力は、“人間のつよさ”を描いているところだと思う。

主人公をはじめとする登場人物たちは、必ずしも人間として心身共に弱みがないわけではない。

むしろ、常に自らを取り巻く様々な環境にうちひしがれ、傷つき、怯え、泣いている。

ただし、ひたすらに自分の気持ちに対して正直にあろうとする。

それが時に、辛くて、孤独なことであっても、正直な気持ちをかたくなに貫こうとする。

それは、決してきれいごとではない“つよさ”だと思う。

つむぎ出される言葉の一つ一つ、キャラクターたちの涙が溢れる力強い眼差しに、そういうことを感じる。

人間の本当のつよさとは、こういうことだと知る。


3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野チカ

商品詳細を見る

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1768-cc826c84

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。