HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ひとりごとの記憶

疲労感と満腹感

22時。平泳ぎで1km泳いだ。24分間かかった。

泳いでいる間は何も考えなくて済むと考えて泳ぎ始めたが、

やっぱり色々と思案してしまい、途中何ターン目か曖昧になった。

平泳ぎで1km連続で泳いで、クロールで50mを2本泳いだ。

プールに入ってまだ30分ほどしか経っていなかったが、もう22時半をまわっていたので、上がった。

まだ晩ごはんを食べていなかったので、体重計の表示は当たり前のように昨夜よりも1kg以上減の数値を示した。




今夜は営業ミーティングがあり、職場を出たのは21時半だった。

帰りながら、愛妻に電話をかけた。

どうやらとんと動きがないらしい。初産は遅れるとよく聞くが、さすがにそわそわしてきた。

でもまあ、こればっかりは誰が焦ったところでどうしようもない。

ひたすらに“その時”を待つしかあるまいと思い、帰宅後すぐにスポーツクラブへ。

いつものジムメニューをこなすには時間が無かったので、泳ぐことにした。

22時をまわったプールはさすがに空いていた。


23時にスポーツクラブを出て、食べていない晩ごはんをどうするか暫し悩んだ。

せっかく昨夜よりも1kgも減ったのだから、さっさと帰って何も食べずに寝るのがベストだということは分かっていたけれど、

空腹のままでは、たぶんド深夜まで眠れないような気がしたので、結局モスバーガーに行った。

23時過ぎにハンバーガー。たぶん色々なことが“無駄”に帰していったことだろうが、まあどうでもいい。


いつものように2度目の帰宅をし、スポーツニュースを見て、寝床へ。

深夜の水泳の疲労感と、ファストフードの満腹感のおかげで、何とかすぐに眠れそうだ。

この記事のトラックバックURL

http://tkl1121.blog39.fc2.com/tb.php/1753-f6e56d19

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。