2016年11月

  1. 2016/11/18 老人

老人

取引先での宴会帰りの終電。

イヤホンからは、長渕剛の「RUN」が流れる。

真向かいに、老人が座っている。

出先から頭頂部まで皺だらけ。

よぼよぼ。

齢は、80過ぎてるんじゃないだろうか。

でも、この終電には乗り慣れているよう。

小洒落たシャツに背広を着ている。

まだ現役で何かしらの仕事をしているのだと思う。

背広のサイズはぶかぶかで合っていないようにも見えるが、

おそらくは、

彼そのもののサイズが縮んでしまったのではないか。


当然だが、僕なんかよりも何倍も深く価値ある人生を、生きている、のだと感じる。


涙が出る。


生きなければならないと思う。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】