2013年07月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2013/07/01 木登り
  3. 2013/07/03 そして母になる
  4. 2013/07/04 就寝時刻は0:30
  5. 2013/07/08 七夕七夕
  6. 2013/07/14 7粒種
  7. 2013/07/16 盛り下がり↓
  8. 2013/07/20 眠いや
  9. 2013/07/22 うなぎ
  10. 2013/07/28 夏の日
  11. 2013/07/29 陰鬱
  12. 2013/07/30 呪い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木登り

昨夜は、久しぶりに愛妻と二人きりで街飲みをした。

日頃、二人の間には常に愛娘がいるけれど、

こういう時間もたまには必要。と、思う。



明けて日曜日の午前中、少し二日酔いが残りつつ、父の実家の“庭いじり”の手伝いに伺う。

庭木の剪定と聞いていてその通りだったけれど、実際は10m近い銀杏の木の剪定で、非常に大変だった。

梯子と木登りで、木の頂上まで登って、ノコギリで太い枝を切り落としていった。

木登りなんて殆どしたこともなかったので、自分を信用することも出来ず、

いつ落下してしまうんじゃないかと気が気じゃなかったが、なんとか落ちずにやり遂げた。




疲れ果てて帰宅し、昼寝をして、新しい靴を買いに行った。

4年ぶりくらいにスニーカーを買った。

残念ながら雨降りで下ろせず、愛娘が鏡の前で嬉しそうに履いていた。

早く梅雨が明ければいいのにと思う。


2013-06-30 182212

2013-06-30 182147



愛娘はいよいよ脱オムツに向けてトイレ練習中。

買ったばかりの補助便座で、これまた嬉しそうにウンチをしていた。


2013-06-30 180632-1
スポンサーサイト

そして母になる

朝、トレイで。

いつものように、スマートフォンで各種ニュースサイトを閲覧していて、

真っ先に目に飛び込んできたトピックスで、一気に目が覚めた。


「安藤美姫 4月に出産」


え、どゆこと?と思った。

先日、現役ラストイヤーに向けて競技復帰をしたという報を聞いたばかりだったはずなので、

驚きというよりも困惑した。

このアスリートのスキャンダル性は、もはや“スタイル”でもあるので、

大概のことでは驚かなかったが、まさかこうくるとは。。。


フィギュアスケートファンとして、安藤美姫という選手に対しての個人的なスタンスは、

どちらかというと“アンチ”寄りであることは否めない。

大会の前後において、時に必要以上に感情的になる様は、

世界トップクラスのアスリートとしてやはり未成熟に見えたし、

素直な応援をし辛いタイプの選手であることは間違いないと思う。

ただし、その一方で、

本当に若い頃からアイドルスケーターとしてメディアの好奇の目にさらされ続けたことは同情の余地に余りあるし、

数々の挫折を経て、その上で、世界女王まで上り詰めたことは、素晴らし過ぎる実績だと思う。

今となって思うことは、その感情の大きな揺れ動きこそが、

彼女にとっては一つの起爆剤だったようにも思う。




んで、今回のことに対して、

当然いろいろ批判的なことを言う人もいるようだけれど、

やっぱり「批判」は違うな。と、強く思う。


一人の女性が、「母親」になることを自分で決め、実際に一つの生命を生んだということにおいては、

どんな状況であっても、「喜び」だけが在るべきだと思う。

そこに当人以外の人間が安易に否定的なことを言う資格も道理も無い。

「復帰を前提に出産しよう」と決めたこの女性アスリートの決断を誰も否定できないし、

むしろ、ある意味格好良いとすら思う。



そして、「母親」としての大いなる多幸感を抱きながら挑むことになるラストシーズン、

自らの「感情」と常に対峙し、

良いときも悪いときも、その影響を結果に反映してきた元世界女王のパフォーマンスは、

過去のどのシーズンよりも、極めて楽しみと言える。

就寝時刻は0:30

木曜深夜。

日々育児と仕事で疲労困憊の愛妻と、

プールに行って疲労困憊の愛娘は、とうに寝た。


晩酌用のお酒を買うタイミング逃したので、

ずいぶん前から棚に飾ってあったお土産用の泡盛の小瓶を引っ張り出して飲むことにした。

先日の社員旅行で作った琉球グラスで、ロックでチビチビと飲むつもりだったが、

わずか100ml入りの「瑞泉」の小瓶はやはり少量過ぎて、

ロックでも二杯分くらいしかなく、あっという間になくなってしまった。

それでも流石に泡盛なので、良い感じで酔いはまわってきている。

となると、殊更に物足りなくもなってくる。


さてどうするかと、駄目元で台所の戸棚を開けると、

いつのだか飲みかけの安焼酎の紙パックを発見。

肴は、香典返しの味付け海苔。

就寝時刻までまだ1時間半ある。

一人晩酌はつづく。

2013-07-04 230736-2


七夕七夕

愛娘が2歳になりまして。

「2年」というものがあっという間であることは、重々承知なのだけれど、

改めて、あっという間だと思う日々。


日々のストレスだとか、なんだかのわだかまりとか、

そういうことを総てリセットできる程、人間は出来ていないけれど、

それでも、今日は、努めてそういうくだらない物事を脇に追いやって、

愛娘を祝うことだけに費やそうと思った。



電車好きの彼女を初めて郊外電車に乗せ、街のデパートまで行って帰った。

実家の両親もとい両祖父母からのバースデープレゼントを受け取り、一端帰宅。

昼寝の後、そのバースデープレゼントを開封し、ケーキの2本のロウソクを吹き消した。


P1290457.jpg




その後、両親と食事をしてみんなで祝杯。


いや、我ながらめでたいよ。

そのめでたさの「価値」は、

人の親になって、日を追うごとに、深まる。


基本的に、自分本位だけれど、

彼女が笑うなら、それにこしたことはないと、ただ思う。


P1290499.jpg



さあて、寝よう。

7粒種

「7SEEDS」の最新巻(25)が出たので、即買いした。

あっという間に読み終わり、途端に次巻が待ち遠し過ぎる。

ザ・少女漫画風の絵面にもすっかり慣れた。

単行本を25巻から買い始めるというのもどうかと思うけれど……。

中古で既刊分を全巻購入すると、だいたい7,000円。

ちまちまと買い揃えよう。




7SEEDS 25 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 25 (フラワーコミックスアルファ)
(2013/07/10)
田村 由美

商品詳細を見る

盛り下がり↓

この一週間のスポーツ界は、とてもテンションが下がるトピックスが多かった。

大相撲名古屋場所では、15年ぶりの日本人横綱誕生に向けて意気込んだ稀勢の里が、平幕相手の序盤戦で呆気なく3敗し、早々に綱取り絶望。


メジャーリーグでは、オールスター戦に選出されたダルビッシュが故障者リスト入りで出場辞退。
岩隈の選出は嬉しいが、そもそもこの二人よりもまず「黒田を選べよ」と思う。


それよりも何よりもテンションガタ落ちなのは、陸上界で相次いだドーピングの発覚……。
タイソン・ゲイとアサファ・パウエルの禁止薬物陽性反応は、両者とも今夏の世界陸上ではウサイン・ボルトを追随する選出なだけに、その失望感は極まりない。
きっと世界中の誰よりも失望したのは、ボルト本人だったろう。


今年はどうもスポーツで盛り上がりきれないことが多い気がする。
オリンピックとワールドカップの谷間で仕方ない気もするが、ここらで一つ大きな「爽快感」がないと、この暑い夏が苦痛で仕方がない。


眠いや

暑い暑い。

休日出勤の土曜日、仕事の合間に映画に行って、

今月も締め日を越えた。

気がつけば、7月も20日。

すっかり夏真っ盛り。

数少ない夏の週末に我慢出来なくなって、

近所の居酒屋へ。

某全国チェーンの居酒屋で、引越してきてから3度目の一人飲み。

iPhoneで音楽を聴きつつ、

facebookでなんだかんだとつぶやきつつ、

生ビール2杯と焼酎1杯。

2,000円以内でおさめるつもりが、結局3,000円。


帰宅し、帰ってきた愛妻&愛娘が寝た後、

更にウィスキーで晩酌。

アメトーークの録画で松村邦洋の芸に大笑いを噛み殺しながら、

週末の夜は益々深まる。

大概眠いが、眠りたくない。


2013-07-20 1458561

2013-07-20 194946-2

2013-07-20 22335

うなぎ

暑っい。不快指数がまんまと上昇して嫌になる。


電車好きの愛娘を喜ばせようと、坊ちゃん列車に乗ってきた。

松山市駅から道後温泉駅まで、

往路は普通の市内電車で、復路は観光用の坊ちゃん列車で、

ただ往復の旅。

観光客に紛れて、冷房のない列車の古風を楽しんできた。


疲れ果てて午後を過ごし、

昼寝をして、

持ち帰りの仕事を何とかこなし、

貰い物の“鰻”を食べた。


2013-07-21 114939

2013-07-21 184637-2




ああ、いつものように休日が終わる……。

あ、選挙は行ったヨ。

夏の日

Untitled.jpg


土曜日。7月も早くも最後の週末。

愛妻が午前中だけ休日出勤だったので、愛娘と二人で「こどもの城」へ。

炎天下、“水分”を携帯しておかなければと思い、ローソンに寄った。

欲しがったプリンを買ってあげて、母親の不在にぐずり出す前に、まず機嫌をとる。


午前9時の開場時間とほぼ同時に入場。

さすがに人影はまばらだったけれど、僕たちと同じような状況だと察する父娘連れが意外に多かった。

朝から暑過ぎだったので、屋外の遊具には目もくれずに、冷房がしっかりと効いた児童館内で過ごした。


都合2時間ほどのことだったが、問題なく過ごせて良かったし、楽しかったので、また二人で出かけようと思う。



夕方。新居を建てた友人宅へ家族揃って訪問。

展望が最高の自慢のテラスで待望のBBQをして良い時間を過ごした。

豪華なビニールプールに我慢ならなくなった愛娘は、

すでに夕暮れにも関わらず、すっぽんぽんで、友人のムスメと水で戯れておりました。

陰鬱

山口県の山間の集落での連続殺人事件。

殺人者を擁護する気は全くないけれど、

その「動機」と「経緯」の真相には、

社会の根幹に巣食う病理性が見えてきそうで、

気が滅入る。


逮捕前の報道で、容疑者が飼っていた犬が保護される様を見て、

この犬はこの先どうなるのかと気になっていたのだけれど、

容疑者の逮捕と同時刻に死亡したとのこと……。

いらぬ憶測も入り交じりつつ、

つくづく厭な事件だったなと思う。

呪い

見ぬふりをしていたら、いつの間にか大変なことになっておりまして。

今の生活環境や年齢を考えると、

取り返しがつかなくなることが目に見えている。

なので、

本気で取り組もうと思います。






ダイエットを………。





昨夜久しぶりに体重計に乗ったら、過去最高値を叩き出しやがって、

さすがにひいた……。

昔、「痩せゆく男」というホラー映画があったけれど、

自分にはそれと正反対の呪いでもかかっているんじゃないかと、

現実逃避したくなる。


いつの間にかすっかりおっさんなので、

痩せにくく、太りやすい体質に拍車がかかっている気がする。




伊集院光のラジオ番組を毎週聞いていて、

彼がダイエットに取り組んでいることは知っていたのだが、

さっきバラエティー番組に出ていた彼の確実に痩せている姿を見て、

ようやく、触発された。



ストレスフルな日々で、知らず知らずに暴飲暴食に走っていた状況を見直し、

出来る範囲での運動を心がけよう。


「そうすりゃちったぁ楽になんだろ」by アクマ



ピンポン (3) (Big spirits comics special)ピンポン (3) (Big spirits comics special)
(1997/02)
松本 大洋

商品詳細を見る

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。