2008年05月

  1. 2008/05/01 初夏開始
  2. 2008/05/02 時代劇漫画のススメ
  3. 2008/05/03 明日は消えてなくなるってなことはないのだけれど。
  4. 2008/05/03 かろやかな復活
  5. 2008/05/04 ドランク
  6. 2008/05/06 BBQ~
  7. 2008/05/08 閃光
  8. 2008/05/10 チーム入り
  9. 2008/05/11 おいしいケーキが食べたくなる
  10. 2008/05/12 母の日
  11. 2008/05/13 スマイルの最後のセリフが好きだ。
  12. 2008/05/14 「大奥」
  13. 2008/05/17 懐妊
  14. 2008/05/18 意味不明
  15. 2008/05/18 オムライス
  16. 2008/05/19 占い
  17. 2008/05/20 本音
  18. 2008/05/21 飲まなきゃやってられん
  19. 2008/05/24 命の恩人
  20. 2008/05/28 落日
  21. 2008/05/29 梅雨入り

初夏開始

んで5月。

5月ってもう夏だと思う。
だんだんと、色々なことが楽しくなる頃合い。

さて少々気合いを入れようかね。

時代劇漫画のススメ

数年前からの流行りではあるが、時代劇の漫画がなかなか多い。
各作品とも現代のテイストと独自の世界観をもって描かれている。
個人的に今「押し」の時代劇漫画が二作品ある。


☆     ☆     ☆



ひとつ目は、今絶対的にマイ・ブームの漫画作家オノ・ナツメがIKKIにて連載中の「さらい屋五葉」

気弱な浪人・政之助(実は凄腕)が、一癖二癖ある誘拐一味「五葉」に引き込まれ、誘拐業の片棒を担ぎながら、それぞれの人間模様を紡ぎ出していく異色作。
他作では、主に欧州の環境を舞台にした作品が多いオノ・ナツメが、一転日本の時代劇を描き、独特の空気感を演出している。
キャラクターの多様性、特異な軽やかさと深みを併せ持つ空気感、おそらく映画化の話がすでに賑わっているのであろう秀作だと思う。

さらい屋五葉 1 (1) (IKKI COMICS)さらい屋五葉 1 (1) (IKKI COMICS)
(2006/07/28)
オノ ナツメ

商品詳細を見る



☆     ☆     ☆



ふたつ目は、もはや新進の漫画作家の中では大御所とも言える松本大洋の「竹光侍」

こちらも風変わりな浪人ながら実は豪剣の主人公が、居住している長屋を中心に展開する人間模様を、松本大洋独特の精神世界を混じり合わせながら描き出す。
日本画のテイストをベースにした挑戦的で革新的な画風は、この気鋭の作家が新たに辿り着いた境地と言える。
時代劇ならではの趣を踏まえた小気味いい台詞回しには、相変わらずにずば抜けた作家性を感じずにはいられない。
「さらい屋五葉」とは逆に、独特の間と精神世界が作品の核心だけに、非常に映像化が難しいと思う。

竹光侍 1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)竹光侍 1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2006/12)
松本 大洋、永福 一成 他

商品詳細を見る

明日は消えてなくなるってなことはないのだけれど。

「Gw」……ってなんだよ?

とやさぐれてみる。5月初頭の金曜日。
実は、それほど気分は悪くないッッッッ…fjkらsjfdlsじゃfjsだlふぁ~





いや、スミマセン。
たった今、ゴキ…いや茶色い小さなGが出現して、その対応に少々躍起になっておったそうな。

実はこのG。昨日の朝、自室の視界に出現しやがりまして、その時は寝起きということもあり、視界に捉えるまでに留まり見逃してしまっていたわけですが。
その瞬間から、ベッドの脇に殺虫剤を備え、臨戦態勢だったわけデス。

いつ出るか、いつ出るかと思いつつ、程よく酔っ払って気分高らかな今出現したことはラッキーだったと言える。

Gを視界に捉えるやいなや、素早くベッド脇の殺虫剤(這う虫を瞬間的に凍らすタイプ)を、必要以上に噴射し、排除した。

あー、これでひとつ気が休まる。


※     ※     ※



ってそんな初夏の害虫駆除騒ぎはどうでも酔い。いや良い。

ゴールデンウィークを目前として、へとへとと自宅へ帰り着いたところへ、近所の友人から飲みの誘いが入った。

連休の前夜というものの過ごし方のベスト・オブ・ベストは、気兼ねなく飲むことだと思っている僕としては、とても幸運なお誘いだった。

新婚夫婦+子連れ主婦+独身男子で飲んだ。

そういう組み合わせがまかり通るということが、実はとてもユニークで、ハッピーなことなのではないかと思う。

ただ都合が合った仲間同士で"飲む"という有り触れた事象に、普遍さと同時に奇跡を感じる。

きっと。

きっとそれは、自分たちが気付いている以上に、掛け替えのないことではなかろうか。


※     ※     ※



初夏の先駆けに、とても気分は良い。
僅かに与えられたGW。飲んで、酔えれば、尚最高。

かろやかな復活

「老兵未だ衰えず」とは少々失礼な言い回しかもしれないが、まさにその復活は、若い力を凌駕している。

今年12年ぶりに現役復帰したテニスプレイヤー・伊達公子が凄い。

復帰戦として出場しているカンガルーカップ国際女子オープンで、国内の上位ランカー次々に撃破し、ついに決勝進出を果たした。

その勝ち上がりは、かつての世界トップクラスの実力による巧みさと老獪さに溢れている。
若いプレーヤーたちに「これがプロだ」ということを、己の身体と結果で見せつけているようだ。

もしかするとこのまま優勝なんてことも充分に有り得る状況は、女子テニス界としては手放しでは喜べないことであろう。

しかし、伊達公子という希代のテニスプレーヤーによるこのかろやかな復活劇は、スポーツファンにとってはエキサイティングなトピックスであり、彼女のアスリートとしてのスター性を如実に示す出来事である。

伊達公子

ドランク

あー。昨夜は飲んだ。ひさしぶりに飲んではしゃいだ。
酒とカラオケで声がかすれている。


最近、めっきり老け込んでおり、3~4時間飲むともうぐでんと眠くなる。
昨夜も最後の方はダウン気味ではあったけど、まだもった方だとは思っている。

飲む時は飲む。酔う時は酔う。そうでなければ、人生楽しくないとほんとに思う。

酔っ払って、少々はしゃごうが、少々喧嘩になろうが、それはそれ。
トータルとして、楽しければ、それ以上のことはないんじゃなかろうか。

昨夜飲んでくれたミナサン、アリガトウ、ゴメンナサイ。


ゴールデンウィークだぜ。

天気がいいぜ。

BBQ~

ああ、天気が良い。
ブラインドの狭間から木漏れる眩しい光に反して、体調がよろしくない。

金曜日から昨日にかけて、通算3回の飲み会でさすがに体力を消耗してしまったらしい。
本当はゴールデンウィーク最終日の今日は、香川へうどんでも食いに出かけようかと思っていたのだけれど、喉が痛くて、怠くて、動き出せる状況ではなかった。

遊び疲れ。何をするにも体力ありき。


※     ※     ※



昨日は、友人同士で久しぶりに自宅の庭でBBQをした。
曇り空&時折の強風で、あまりコンディションはよくなかったけど、楽しかった。

これから野外で過ごしやすい季節なので、積極的に外飲みをしたいと思ふ。

運動もせねば……。飲み食いばかりではほんとにシャレにならない、我が腹……。

080505BBQ

閃光

昨日から(正確には一昨日の晩から)、引き続き喉がイガらしい(イガイガする)。

加えて、何となく気持ちが悪いが、食欲は旺盛……。
21時に帰宅したが、家に誰もいなかったので、パスタを多めに茹であげて、2~3人分のパスタソース(クリーム系)で食べた。
冷蔵庫にあったマグロの刺身も一緒に食べた。
ついでに、生ハムに巻かれたチーズと、ピーチのスパークリングワインも飲んだ。

過食症か……。


※     ※     ※



mixiの日記で、東京事変の「閃光少女」のコピー演奏(ギター)の動画を見て、2分でiTunesで曲を購入した(\200)。


「欲しい」と思った音楽を、「欲しい」と思った寝そべった姿勢のまま、2分で購入できてしまうというベンリさに、少々戸惑いと恐ろしさを感じる。



閃光少女閃光少女
(2007/11/21)
東京事変

商品詳細を見る
「東京事変」けっこう好きなんデス。

チーム入り

チーム・マイナス6%に入ってみました。

ブームでもなんでも、意識をするということ、格好だけだろうと具体的に何かをするということが、環境問題に対する姿勢としては重要なことだろうと思う。

エコぶって、
車に乗るのを控えたり(実はガソリン代がもったいない……)、
再生紙商品を買ったり(安いからね……)、
マクドナルドでゴミを分別したり(メタボリック怖いけどね……、
そういうことでいいと思う。

理由がどうであれ、やらないよりはやるほうがずっといい。

チームマイナス6%

おいしいケーキが食べたくなる

漫画を基本的に単行本で買って読むタイプの僕は、その出費も結構馬鹿にならない。
面白そうな漫画があれば、少々貧窮状態でも買ってしまうので、出来るだけ中古本を買うようにはしている。
ただ、大手中古本販売チェーン店であっても、なかなか希望の商品が都合良くあるわけではなく、実際読んだこともない漫画を“試し読み”せぬまま新品購入するのは、大変にリスキーだ。

しかし、このところは、中古本専門のショッピングサイトがあるので、非常に便利である。

ネット販売だけあって、非常に品揃えは良く、商品品質も良い、加えて、在庫がない商品に対しては入荷通知メールサービスなどもあるので、殊更にベンリだ。

が、「欲しい」と思った漫画を片っ端から購入している状態なので、以前よりはるかに出費はかさんでいるような気がするのだが……。


☆     ☆     ☆



さて、そういう状態で、最近“試し買い”してみて"Good Job !"だった漫画作家が、よしながふみ

女流作家らしい繊細な描画と軽妙なコメディ調を表向きに表現しつつ、根底に敷かれた人間の普遍的な「闇」をサラッと描き出すあたりに卓越した作家性を感じる。

フラワー・オブ・ライフ 4 (4) (WINGS COMICS)フラワー・オブ・ライフ 4 (4) (WINGS COMICS)
(2007/05)
よしなが ふみ

商品詳細を見る
白血病から生還した主人公をとりまく少々風変わりなキャラクターたちによるハイスクールライフ。
ストーリーとキャラクター性の濃淡のバランスが絶妙で心地いい。



西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)西洋骨董洋菓子店 (1) (Wings comics)
(2000/06)
よしなが ふみ

商品詳細を見る
数年前に、タッキー主演でドラマ化もされたが、原作の主人公はドラマでは椎名桔平が演じたオーナーと天才パティシエをはじめとする3人。
少年時代のトラウマ、ゲイとしての苦悩、栄光からの挫折と実はそれぞれが抱える葛藤は深いのだけれど、それらをベースにして軽妙に描き出されるストーリートのギャップが巧い。

母の日

昨日は母の日で、近くに出来た大型ショッピングモールへプレゼントを買いに行った。

一緒に行った彼女が「お母さんの好きなものは何?」と聞くので、「お酒」と答えた。

というわけで、ワインも飲めそうな可愛げなグラスを二つ買った。
父と飲めば良いと思った。



スマイルの最後のセリフが好きだ。

昨日、今治にシゴトに行った帰り路。北条の海に寄って、ソフトクリームを食べた。
ソフトクリームまで値上がりしていた……。


今日は、大粒の土砂降りの中、原付移動で参った。
雨粒がノーガードの顔に強か打ちつけて、痛いったりゃありゃしない。


特に良いこともないけど、夏はちかいね。



北条の海1



ピンポン (1) (Big spirits comics special)ピンポン (1) (Big spirits comics special)
(1996/06)
松本 大洋

商品詳細を見る



P.S. 近々、新しいこの「ひとりごと」に新しいジャンルを立てようと思う。

「ひとりシナリオ【夏の水】」

あー、なつい。

「大奥」

マイ・ブームのひとつ“よしながふみ”の「大奥」を読んだ。

またもや、凄い。

2年くらい前から書店に並んでいるのは見ていたが、「どうせ、近頃の“大奥ブーム”に乗っかったマンガだろう」くらいにしか考えていなかった。(まあそのころはよしながふみ自体知らなかったのだけれど)


「もし大奥が女の園ではなく、男の園だったら」という発想から端を発し、描き出されるパラレルワールドで江戸幕府の「真相」が紡ぎ出される。
時に生々しく、時に泥々しく、紡がれる男女の悲哀を核心に捉えつつ、新解釈の江戸幕府における大奥の大河絵巻が繰り広げられ、惹き込まれずはいられない。

これは本物だ。

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
(2005/09/29)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

懐妊

あー金曜日。Flyday(飛ぶ日)、Friday(金曜日)

前々から公言していることだが、金曜日の夜は、「飲み」がベスト。

という持論にならって、シゴトの終わりがけ友人を飲みに誘ったが、生憎、
「嫁と飯だ」というので、諦めてまっすぐ家に帰った。

なんとなく勿体ない感じがしたので、借りていたDVDを返しがてらビールを買って帰った。


夕食を食べながらビールを飲む。


すると、母親が僕が買ってきたビールを片手に、"チーズ鱈”を片手にやってきた。
「飲み」というものは、基本的に一人より、二人、二人より、三人、三人より、……沢山……の方は良い。

その昔のバレー談義、妹の色恋沙汰に花を咲かせつつ……。

「あとは若いものどうしで」って。それはないんじゃね?

と、率直に思う。。。。

意味不明

昨夜のひとりごと……終わりの方まったく意味が分かりません。
タイトルの「懐妊」も意味不明です。

お察しの通り、投稿した記憶がぷつりと無い。

朝起きて、覚えの無い文面に驚く“パターン”。

これだからひとりごとはやめられない。

オムライス

オムライスを作った。ライスが多すぎて、卵で包みきれなかったのは残念。

時間にもう少し余裕があれば、料理もうまくなりたいとは思ふ。

占い

雨だ。五月雨。

雨自体は嫌いではないが、強かに降りつける中、原付移動はさすがに厳しい。

今朝のワイドショーの星座占いで、蠍座は仕事運が最高だった。

基本的に、占いなんて信じないが、確かに今日はわりと仕事が順調だ。

だからどうというわけではないがね。

今日はもうやみそうにないね。

本音

中国の大地震。自然災害というものは、いつの時代も恐ろしい。

ただ、今回の地震においては、中国という大国の“危うさ”も甚大な被害の大きな一因として見え隠れすることは否めない。

思想の違い、文化の違い、当然ながら様々な相違点があるのだから、現状に対して他国民が一概に否定することはできないだろうが、それでもあの国の後進性は明らかだと思う。
例えば同じ規模の地震が日本や欧米の先進国で発生した場合、被害の拡大の差は容易に想像ができると思う。

しかし、何事においても同様だが、「問題」というものは露呈することで初めて光明が見えるものだ。

待ち望んだ大イベントである北京五輪を目前にして、中国という国家と国民には非常に気の毒に思うが、全世界の注目が否が応にも集まるこのタイミングで、「災害対策」「チベット問題」「食品管理」「環境問題」と、様々な問題が露呈していることを「好機」としてほしいと思う。

その第一歩として、迫るオリンピックを是非とも成功させてほしい。

というスポーツファンの本音……。

飲まなきゃやってられん

昨夜は平日にも関わらず、近所の居酒屋で深夜まで飲んでしまい、今日は一日中しんどかった。

目覚ましのセットを忘れ、危うく寝過ごしそうになったが、なんとか起きれた。

二日酔いが相変わらず、酷い……。

命の恩人

数日前のことになるが、仕事中原付で走っていると、前方を同じく原付で進んでいた老人が、踏切で滑って転倒した。
スピードは出ていなかったので、それほど激しく転んだわけではなかったが、どうも身動きがとれない様子だったので、慌てて路傍に自分の原付を停め、その老人を抱え起こした。
老人は少々うつろな様子だったが、幸い、大した怪我はしていない様子だったので、特に救急車などは呼ばなかった。

すると、気を取り戻した老人に、「あんたは、命の恩人だ」というようなことをしきりに言われた。

そりゃJRの踏切の上だったので、危険だったことは確かだが、「命の恩人」ってそりゃ少し仰々しいなと思った。
いくら世の中が殺伐としていると言っても、目の前で人が倒れて放っていく人は、そうはいない。

世の中、悪いことばかりが取沙汰されて、あたかも世界はどんどん“負”の方向へ突き進んで、良いことなんて何もないなんて印象を受けがちだが、実はそうではないと思う。

悪いことばかりに目がいくのは、自分たちがその世界を生きていて、「今」をどうにかより良くしたいという根本的な願望からであって、その精神をとっても、事実を見ても、歴史を相対的に見れば、「現在」が最も優れた時代であることは明らかだ。

人間が欲深い動物で、常に何かを欲している以上、過去よりも現在が恵まれていることは、必然だ。

もう少し、今この瞬間の素晴らしさに自信を持って、生きていたいものだ。

北条夕日

落日

落日


「何が悲しい」と尋かれたって 何も悲しんでなど居ないさ

丁度太陽が去っただけだろう

微かな希望と裏腹に

ごく当たり前の白け切った夕日を迎えた

(「落日」/東京事変)





修羅場修羅場
(2005/11/02)
東京事変

商品詳細を見る
カップリングの「落日」が効く

梅雨入り

梅雨入り。昨夜の雨が上がった今日は、日が高くなるにつれ蒸し暑さが際立つ。
照る太陽に、逆に梅雨の頃合いを感じる。

過ごしにくい季節。

でも、始まる季節は、必ず終わる。

夏が来るね。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】